これまで沖縄でお勧めのシュノーケリングスポットをご紹介してきましたが、どうしても海には入りたくないという方には、アメリカンな雰囲気が魅力のアラハビーチはいかがでしょうか?
街中にある人工ビーチは、施設も新しく充実していて外国人が多く、いるだけで海外リゾートの気分が味わえること間違いなしですよ。

まるでロス? アメリカの西海岸のような公園一体型のビーチ

アラハビーチは全長600mのほぼ直線の人工ビーチで、真っ白な砂浜に沿って遊歩道が走っており、それに続いて緑の芝生が美しい広場となっています。

砂浜ではビーチバレーを楽しむ人たちの姿、遊歩道をジョギングする外国人、公園でバスケットに興じる人など、観光客だけでなく地元の人たちも思い思いに公園とビーチを楽しんでいて、アメリカの西海岸にいるかのような不思議な感覚を味わえる魅力溢れるビーチです。
公園内の広い芝生エリアには実物大の帆船(海賊船)が置かれており、子供たちがアスレチックを楽しむこともできますし、家族や友人でバーベキューができるBBQエリアも充実しています。

またアラハビーチは夕日が美しいことでも有名で、南シナ海に沈む夕日はまるで名画のようで、海に入らなくても感動できる景色です。

もちろん、ダイビングやカヤック、パラセイリングにホエールウォッチングまで、幅広いマリンアクティビティーも充実していますので、海を楽しみたい方にもお勧めですよ。

アクセス

アラハビーチは沖縄本島の中西部に位置し、那覇空港から国道58号線を北上して、40分ほどの所にあります。
ビーチのある公園内には、150台収容可能な無料駐車場も完備していますが、休日には満車になってしまうこともあるようなので、早めに出かけるようにしましょうね。

関連する記事