これからシュノーケリングを始めてみたいという方のために、沖縄でシュノーケリングを楽しめる、お勧めスポットを紹介しています。
今回ご紹介するのは、シュノーケリングでウミガメに会える古座間味島にある「阿真ビーチ」です。

阿真ビーチは、浅瀬でウミガメに会える浜

同じ古座間味島にある古座間味ビーチに比べると、阿真ビーチは浅瀬ではサンゴも熱帯魚も少なく、それが目当ての方には少し残念に感じてしまうかもしれません。
※阿真ビーチでも遊泳区域の奥の方まで行けば、サンゴや魚たちをたくさん観ることができるようです。

でも阿真ビーチの特別なところは、スキューバダイビングやボートではなく、遠浅の浜でウミガメに会えることなんです。
これって、すごいことだと思いませんか?ウミガメと一緒に浅瀬で泳ぐことができるんですよ。

また阿真ビーチは遠浅で監視員さんもいてくれるので、お子様や初心者の方でも安心してウミガメとの出会いを楽しむことができると思います。

ウミガメに会うには、朝の満潮時が狙い目

もちろん常にウミガメが浜にいる訳ではありませんから、いつでも会えるのではなくて、会うことができるのはウミガメが浜に藻を食べにくる満潮時となります。
特に朝の満潮時の遭遇確率が高いようですから、頑張って早起きをしてみましょう。

早起きをしてウミガメとのひとときを十分に堪能したら、そこから古座間味ビーチへ移動して、サンゴや熱帯魚を楽しむのも良さそうですね。

アクセス

阿真ビーチは、那覇市の南西約40キロの沖合いに浮かぶ慶良間(けらま)諸島・古座間味島にあります。

古座間味島までは、那覇空港から車で10分の泊港(とまりん)から、高速船「クイーンざまみ」で約50分、フェリーなら約2時間で到着します。
古座間味港から阿真ビーチまでは約1.5キロ、自転車で約10分、徒歩で約15分の距離となります。

関連する記事