これからシュノーケリングを始めてみたいという方のために、沖縄でシュノーケリングを楽しめる、お勧めスポットを紹介しています。
今回ご紹介するのは、初心者から上級者までシュノーケリングを楽しむことができる「大度浜海岸(ジョン万ビーチ)」です。

大度浜海岸は魚の数がハンパない

ジョン万次郎がアメリカから帰国時する際に上陸したということで、ジョン万ビーチとも呼ばれている大度浜海岸は、まさに魚の宝庫なんです。

大度浜海岸は、干潮時には海の水が池のように溜まって浅いプールのようなの潮だまりができます。
潮だまりですので急な流れや高い波もなく、しかも浅瀬内にもかかわらず驚くほどたくさんの海の生き物がいますので、小さなお子様や泳ぎが苦手の方も、そのエリアの中だけで充分に楽しむことができます。

もちろん上級者の方は浅瀬の外海に出て、さらに多くの魚たちと深い海底の景色を、堪能するのも良いかと思います。

また大度浜海岸は、管理されていない天然のビーチですので、昔ながらの沖縄の風情を肌で感ることができるのではないでしょうか。

シャワーはないのでご注意を

無料駐車場やトイレはありますが、シャワー・更衣室はありませんので、事前の準備(水を入れたペットボトルやポリタンクの用意など)が必要です。
また、足元はゴツゴツした岩場となっていますので、足を怪我しないようにしっかりとした履物を用意するようにしてくださいね。

アクセス

大度浜海岸は、沖縄県本島の南端部近くに位置し、那覇空港から国道331号線を海岸沿いに南下して、30~40分ほどで到着します。
バスは時間がかかるのでレンタカーがお勧めですが、空港から17キロ程の距離ですから、自転車での移動にチャレンジしてみるもの良いかもしれませんね。

関連する記事